筋トレはいつやるのがいいの?朝型・夜型それぞれのメリットについて

広告
この記事は約6分で読めます。
広告

筋トレって朝と夜どっちにやるのが良いの?

朝型・夜型それぞれのメリット・デメリットを教えて!

筋トレをする人にとって、どの時間帯にトレーニングを行うのか、必ず衝突する悩みだと思います!

そこで今回は、朝型・夜型のそれぞれのメリット・デメリットをご紹介していきます!

正直に言いますと、筋トレを行うベストタイミングは、朝でも夜でもどっちでもいいんです。

自分に合う時間が、ベストのタイミングなんです。

しかし!それぞれの良い面・悪い面を把握しておくことで、より効率よく筋トレが行えます!

これを機会に、自分のトレーニング時間を見直すのもいいかもしれませんね!

では行きましょう!!

広告

朝型筋トレのメリット・デメリット

メリット

①カラダ・心を目覚めさせることが出来る!
②筋トレをすることを邪魔されない
③テストステロンが高い
④代謝が上がり、脂肪燃焼効果があがる!

①カラダ・心を目覚めさせることが出来る!

朝に筋トレを行うことで、それ以降の生活(仕事など)に最初から全力で取り組むことが出来ます!

筋トレをせずに朝、ギリギリまで寝て、起きて出勤すると、中々、仕事モードに入るまで、時間がかかるという方多いのではないでしょうか?

そういった方には、朝筋トレはおすすめです!

1日の生活・仕事に「やる気スイッチ」を入れることが出来ます!

大事な仕事があるときなどは、特におすすめです!

 

②筋トレをすることを邪魔されない

朝の時間は、自分でコントロールしやすい時間です。

どうしても夜とかだと、仕事で遅くなってしまったり、食事を誘われたりと、外部からの誘惑が多いと思います。

しかし!朝だと、自分で朝早く起きるだけで、比較的外部の誘惑に触れることがありません。

中々、誘いに断れないという方は、朝筋トレおススメです!

③テストステロンが高い

筋肥大にとって超重要なのがテストステロンなんです!

テストステロン:アンドロゲン(男性ホルモン)に区分されるステロイドホルモンのうち、男性(雄)の形成を促す作用が最も強いとされるホルモン。

テストステロン等のアンドロゲンは主として男性の精巣から分泌される。腎臓からも分泌されており、女性においても腎臓から少量分泌されている。

テストステロンは、筋肉増大をはじめとする男性的な体の形成に大きく寄与する。

出典:『Weblio辞書

そのテストステロン値が1番高い時間が朝なんです!その後徐々に下がって行くんですね。

なので、テストステロンが一番高い時間帯にトレーニングを行うのが、筋肥大には、重要なんですよ!

④代謝が上がり、脂肪燃焼効果があがる!

筋トレをすることで、筋肉は破壊されます。

すると破壊されて筋肉は回復するために、エネルギーを使います。

すると、自然と代謝が上がり、何もしていなくてもどんどん消費カロリーが増えていき、脂肪が燃焼されていきます。

ダイエットをしたい方は、朝筋トレを行い、生活するだけで、脂肪燃焼効果があるので、おススメです!

デメリット

①やりすぎて仕事に支障が出てくる
②ウォーミングアップ無しだとケガのリスクがある
③起きてすぐだと、心臓に大きな負担がかかる
④午後に睡魔に襲われる

①やりすぎて仕事に支障が出てくる

朝に追い込みすぎると、それ以降の生活に支障が生じるケースがあります。

特に下半身を追い込みすぎると、歩くのも大変になることがありますので、注意しましょう!

②ウォーミングアップ無しだとケガのリスクがある

朝は体温が低いため、筋肉や間接に大きな負担がかかてしまいます。

時間がないからと言って、ウォーミングアップ無しで行うと、大きなけがにも繋がるので気を付けましょう!

③起きてすぐだと、心臓に大きな負担がかかる

これもケガ同様ですが、体温が低いため、いきなり筋トレをして体温が上がると、体がビックリしちゃいます!

これもウォーミングアップをすれば大丈夫ですので、しっかりと行いましょう!

④午後に睡魔に襲われる

早く起きるて筋トレを行うので、そもそも睡眠時間が足りなくなってしまいます。

午後の仕事に影響が出てしまうので、早く起きる場合でも、睡

眠はしっかりと取るようにしましょう!

夜型筋トレのメリット・デメリット

続いて、夜型筋トレについて紹介していきます!

メリット

①睡眠の質が上がる!
②成長ホルモンの分泌を高めることが出来る!
③すぐに睡眠でき、筋肉の回復が効率よく出来る!

①睡眠の質が上がる!

適度な筋トレを行った後だと、体が疲れ、良質な睡眠をとることが出来ます!

②成長ホルモンの分泌を高めることが出来る!

夜に筋トレをすることにより、寝ている間の成長ホルモンも分泌を高めることが出来ます!

成長ホルモンは細胞や組織のダメージを修復、細胞の再生をサポートする働きがありますので、スムーズに筋肉の回復ができます!

③すぐに睡眠でき、筋肉の回復が効率よく出来る!

筋トレはには、休息が大事となります!その間に超回復を行い、ダメージの修復をしていきます!

そして、夜の筋トレ後は寝るだけですから、寝ることで休息になります。

寝ている間は成長ホルモンの分泌が盛んになり、超回復を成長ホルモンがサポートすることでより効果を高められるのです。

デメリット

①寝る直前だと睡眠の質が下がる
②食事のタイミングが難しい
③外部の誘惑に誘われて、筋トレできないときが出てくる

①寝る直前だと睡眠の質が下がる

寝る直前まで筋トレをしてしまうと、脳が興奮したままで、なかなか寝付けることが出来ません。

先ほどのメリットと矛盾するかもしれませんが、直前だどかえって、質が悪くなってしまいます。

②食事のタイミングが難しい

筋トレの後は、栄養も取らないといけません!しかし、寝る直前にご飯を食べると、内臓に負担がかかてしまいます。

なので、夜の筋トレは、食事・睡眠まである程度時間を考えましょう

③外部の誘惑に誘われて、筋トレできないときが出てくる

仕事終わりで、友人や、同僚から食事の誘いがあるかと思います。

ついついそこに行ってしまい、筋トレを休んでしまう恐れが出てきます!

断れない方は、断る勇気が必要になってきます。

まとめ

今回は、朝型・夜型の筋トレのメリット・デメリットを紹介しました。

正直、両方に良い面・悪い面があります。

最終的には、自分に合う方法をやるが一番良いです!

模索しながら、良い筋トレと付き合っていきましょう!

では良い筋トレライフを送ってください!


コメント

タイトルとURLをコピーしました